国内旅行業務取扱管理者の試験

前回の記事「国内旅行業務取扱管理者からのステップアップがおすすめ」でも紹介した国内旅行業務取扱管理者の試験概要を、ここでまとめておきます。

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s


● 年に1回のチャンス!

国内試験は、毎年9月に行われます。
試験は年に1回しかありません。詳しい試験情報は、下記のホームページで確認できます。
一般社団法人全国旅行業協会 (http://www.anta.or.jp/exam/

受験資格の制限はないので、誰でも受験可能です。
試験科目は、
1.旅行業法及びこれに基づく命令
2.旅行業約款、運送約款及び宿泊約款
3.国内旅行実務
の3つです。海外旅行実務がないので、総合試験より1科目少ないですね。


● 総合よりも難易度はやや低い

国内と総合、どれくらい難易度の違いがあるか、合格率を比べてみましょう。

平成27年度試験の合格率は、
国内 29.3%
総合 22.8%
でした。

国内のほうがやや合格率が高く、そのぶん難易度は低いといえるでしょう。
とはいえ、30%を切る合格率なので、油断はできません。

国内試験にも、前年度の合格科目によって試験の一部が免除になる制度があります。
コツコツ勉強したい人は、免除をうまくつかってステップアップしていくのも良いかもしれません

そして、国内資格に合格したら、次はいよいよ本命の総合資格を狙って、さらに勉強を進めましょう。

>>実績&合格率で選ぶなら、通信講座のフォーサイト