総合旅行業務取扱管理者ってどんな資格?

総合旅行業務取扱管理者とは、どんな資格でしょうか。
総合旅行業務取扱管理者とは、旅行業・旅行業者代理業の営業所でお客さんと旅行取引をする責任者のことです。営業所ごとに、必ず1名以上の資格者がいなければなりません。国内旅行のみを扱う営業所であれば、国内旅行業務取扱管理者でも大丈夫です。しかし、海外旅行も取り扱う営業所には、総合旅行業務取扱管理者が必要です。
つまり、海外旅行を扱う営業所に、必須の資格ということです。

次に、どんな人が受験しているのでしょうか。国内旅行業務取扱管理者試験の受験生は圧倒的に学生が多いのですが、総合は旅行業従事者が最も多いです。難しい試験であることもその理由の一つだと思いますが、旅行業の実務経験が一定期間あって指定の講習を受けると試験の一部が免許されるので、経験者はやや受験しやすい試験と言うことができます。
国内資格は就職のために学生が受験することが多く、総合資格は国内資格からのステップアップという関係性もあります。

資格を持っているとできることは、旅行契約に関する事務や旅行の企画造成、旅程管理業務に関する事項等の管理・監督です。
具体的には、
旅行に関する計画の作成に関する事項
旅行業務の取扱い料金の掲示に関する事項
旅行業約款の掲示及び備置きに関する事項
取引条件の説明に関する事項
契約書面の交付に関する事項
企画旅行の広告に関する事項
運送等サービスの確実な提供等企画旅行の円滑な実施に関する事項
旅行に関する苦情の処理に関する事項
契約締結の年月日、契約の相手方その他の契約の内容に係る重要な事項についての明確な記録又は関係書類の保管に関する事項

企画から、契約、添乗まで幅広い業務で資格者の管理が必要です。

>>実績&合格率で選ぶなら、通信講座のフォーサイト

総合旅行業務取扱管理者資格試験の難易度、合格率