総合旅行業務取扱管理者試験の概要

試験は年に1回しか行われないので、しっかり対策してのぞむことが大切です。国内旅行業務取扱管理者とのダブル受験も可能です。ただし、同じ年の総合試験で免除を受けることはできません。免除を受けられるのは、翌年の試験です。

①試験時期
年に1回10月に実施されます

②試験科目
1. 旅行業法及びこれに基づく命令
 2. 旅行業約款、運送約款及び宿泊約款
 3. 国内旅行実務
 4, 海外旅行実務

③試験の一部免除
国内旅行業務取扱管理者試験合格者は、「旅行業法及びこれに基づく命令」と「国内旅行実務」が免除されます。 

旅行業に従事し、所定要件を満たしている人で、旅行業協会の研修を修了すると、科目の一部が免除 となります。

④受験資格
誰でも受験可能です

⑤試験時間
11:00~12:20、 13:30~15:30

⑥受験料
6,500円

⑦合格発表
11月中旬

⑧合格基準
100点満点中60点以上

⑨試験地
北海道、宮城県、埼玉県、東京都、愛知県、大阪府、広島懸念、福岡県、沖縄県
総合旅行業務取扱管理者試験も、受験地が限られています。

>>実績&合格率で選ぶなら、通信講座のフォーサイト

総合旅行業務取扱管理者試験に英語対策はどの程度必要?