総合旅行業務取扱管理者通信講座比較①知名度で選ぶ

通信講座を選ぶと言っても、今まで使ったことがなければどの講座を選べば良いのか迷います。ためしに、「旅行業務取扱業務管理者 通信講座」で検索すると、256,000件がヒットします。ここからどうやって絞り込めば良いのか。

とりあえず、知名度が高い講座をいくつか比較してみようと思います。ユーキャンなど、通信講座を利用したことが無くても聞いたことがある名前から、まったく聞いたことのない会社まで色々なものがあります。まったく聞いたことのない会社だと本当に教材が良いのか、サポートはあるのかなどかなり不安です。

まずは、ユーキャンから。
http://www.u-can.co.jp/%e6%97%85%e8%a1%8c%e6%a5%ad%e5%8b%99%e5%8f%96%e6%89%b1%e7%ae%a1%e7%90%86%e8%80%85/
「初めてでも短期合格を目指せる」とのこと。標準的な受講期間は8カ月らしいです。
費用は、59,000円。分割払い可能です。教育訓練給付制度を利用すれば、学費の20%が支給さるそうなので、実質的な負担は47,200円です。
教材の内容は、
メインテキスト:全9冊、添削:10回
副教材:ガイドブック、合格BOOK、JR運賃・料金表、国家試験問題(過去3年分)、その他(添削関係書類など)

添削があるのが、ユーキャンの特徴だと思いますが、試験はマークシートなのでどこに添削が必要なのか、ちょっと疑問です。

次が、資格の大原
http://www.o-hara.ac.jp/best/ryoko/
1月から始まる、9か月のコースのようです。費用はユーキャンと比べるとかなり高額な、105,450円から。
基本講義21回、直前対策6回、テキスト、問題集が付きます。
通学講座とあまり費用的には変わりません。ユーキャンと比べて、講義を聞きながら勉強したい人向けかもしれません。

JTB総合研究所
http://www.jtb-hrs.co.jp/csc/csc_detail1_kokunai.htm
旅行業のJTBが行っている講座のようです。
42,250円で9カ月のコースです。8~9カ月というのが標準的な勉強期間なのだと思いました。教材は、
・テキスト:9冊
・科目別速習問題集(総合):1冊
・リポート問題:10回

「『JTB』のノウハウを結集したテキスト」とのことで、期待が持てそうです。実際に資格者が活躍している会社の作っているテキストなので、実績がありそうなのと、費用が比較的安いことが魅力です。

>>実績&合格率で選ぶなら、通信講座のフォーサイト

総合旅行業務取扱管理者通信講座比較②実績で選ぶ