英語問題対策は楽しくやろう

旅行業務取扱管理者の資格をとろうと思っている人は、旅行業界で働いていたり、これから働こうと思っていたり、旅行が好きで興味を持った、という人が多いと思います。

総合旅行業務取扱管理者試験には英語の問題もあるので、英語に苦手意識を持ってしまうかもしれませんが、実際に旅行で使う英語表現を学べる機会だと思って、楽しんで勉強してみるのが良いのではないでしょうか。

海外旅行や、海外からのお客様を案内するような、ちょっとしたわくわく感をもって勉強してみましょう。
59845496d0242ff6c266d20aad9a08b6_s


● まずは頻出単語をチェック

英語に苦手意識がある人は、まず単語から始めましょう。

頻出単語と、その単語を含む慣用句を覚えていくと、長い文章のなかに読める部分がだんだん出てきます。

また、単語から、大体の文章の内容を推測することもできるようになるので、答えを絞り込むのも楽になります。
いきなり問題を解いてみて、長文につまづいてしまったら、単語と慣用句に戻ってコツコツやっていきましょう。

英語の難易度はそれほど高くないので、コツコツ勉強していれば得点できるようになってきます。
頻出単語をまとめたサイトがあるので、参考にしてもよいですね。
総合旅行業務取扱管理者&国内旅行業務取扱管理者 旅行管理者資格試験の情報サイト

こういったサイトを参考に、自分で単語帳を作って、通勤の時などにコツコツ覚えていくと良いと思います。実際の旅行の際に使えるフレーズが多いので、旅行好きな人なら楽しんで勉強できるはず。


● モチベーション維持には動画で息抜き

英語が苦手な人は、どんな場面で役立つのかを具体的にイメージしながら勉強するのがコツです。

単に丸暗記しようと思うと、ただ辛いだけの勉強になってしまいます。
試験には出題されませんが、実務では使う機会が出てくるかもしれないので、英語を使った簡単な案内などを、動画で勉強してみてはいかがでしょうか。

また、勉強しつつ息抜きするのにも、動画がおすすめです。
バイリンガール英会話

バイリンガール英会話は、「英語で乗り換え案内」など、場面設定に応じた英会話を紹介する動画ですが、重要なセンテンスや単語を字幕で見せています。

旅行や移動、観光などの場面で使われる表現は、試験にも出題されるので、動画で息抜きしながら勉強でき、一石二鳥ですね。
ユーチューブで無料で視聴できます。

試験勉強というと、堅苦しいイメージがありますが、楽しんで勉強できるならそれに越したことはありません。
積極的に、興味を持てることや楽しみを見つけていきましょう。

>>実績&合格率で選ぶなら、通信講座のフォーサイト

合格した人はどんな勉強をしているのか